「ダイエットには運動だよ!」「運動するときは有酸素運動をしないとね」と言われたことはありませんか?

有酸素運動、確かに大事だと聞きますが、本当にそうなのでしょうか?このコラムでは医学的視点から有酸素運動を解剖していきましょう。

有酸素運動と無酸素運動とは

運動には以下の2種類があります。

有酸素運動

身体にとって軽い負荷であり、息が切れることなく続けられる運動。運動としては、ウォーキング、自転車、階段昇降、家事、水泳などがこの有酸素運動に分類されます。

無酸素運動

ハアハアと息が上がって辛い感覚がある運動。こちらは、いわゆる筋トレ、全力疾走などの瞬間的な運動が分類されます。

有酸素、無酸素の2種類の運動では、エネルギー源として燃焼させる物質がそもそも違います。そのなかでダイエットでは有酸素運動が効果的といわれています。

有酸素運動では体を動かすために、体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させてエネルギー源にします。そして、体脂肪を燃焼させるための材料として酸素が必要になります。

つまりダイエットで減らしたい脂肪は有酸素運動でないと燃焼されません

脂肪を減らすための有酸素方法のポイント

有酸素運動が脂肪を減らす効果について触れましたが、では次にどうしたら減るのか?を考えていきましょう。

よく有酸素運動は20分以上やると効果的だといわれています。その理由は、有酸素運動を始めて20分以内とそれ以降では燃焼している脂肪の種類が違うからです。

  • 20分以内の運動では血中の脂肪が燃焼される
  • 20分以上の運動では内臓・皮下脂肪が燃焼される

ダイエットで減らしたいのは内臓・皮下脂肪の方ですよね?だからこそ、20分以上の有酸素運動が推奨されているわけです。

けれども、運動習慣がなかったところから、いきなり20分の運動を続けるのは大変なこと。そんなときは「10分運動、10分休憩、10分運動」と分けて考えて取り組むのがオススメです。20分続けて運動するのとほとんど同じ効果になると東京大学の石井直方教授が著書の中でお話されています。

(引用:石井直方『石井直方の筋肉まるわかり大辞典』)

また、有酸素運動でも、無理して頑張ってしまうと速くて浅い呼吸になるため、脂肪を燃焼するために必要な酸素が不足します。息が苦しくなったときは無酸素運動になってしまうのです。あくまでも、軽い負荷で息が上がらずに続けられる運動を心がけましょう

▼具体的な運動方法を知りたい方はコチラ

今すぐ自宅でできる、ダイエットに効果的な運動


【著者】加藤淳作業療法士)

整体院なごみ代表

一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会IAIR協会認定インストラクター

療法士活性化委員会認定講師

セロトニントレーナー

  • 関連リンク

・整体院なごみ:https://www3.hp-ez.com/hp/nagomi5409

・一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会IAIR:https://iairjapan.jp

・療法士活性化委員会:http://lts-seminar.jp

・セロトニンDojo:http://www.serotonin-dojo.jp/class02.html