こんな課題をお持ちではありませんか?




健康リスクが高い=労働損失が大きい

休暇を取るほどではないが、
なんとなく体調が悪い人の
労働損失額は人件費の「10.7%

2000年ダウ・ケミカル社(米)一万人の社員を対象としたSPS評価を用いたプレゼンティイズム
(出勤はしているが疾病等の問題により業務能力が低下している状態)による、労働損失コストの試算結果

従業員の快活な身体は、会社の資本です。
業務もはかどり、体調不良休暇なども無く、社員が明るく活躍するためにも、
個々の健康は不可欠です。



増え続ける「ストレスの労災認定

精神障害による労災請求・支給決定件数


労災請求額支給額が共に年々増え続けています

ここ数年、精神障害の原因は、職場でも人間関係をはじめとする
心理的負担(ストレス)が原因という場合が多く、
うつ病などでの精神疾患による労災認定件数も増加傾向になります。
ストレスチェックの義務化により、
大きな訴訟に繋がることも少なくありません。

会社からは積極的な支援をアプローチしているのに、高リスク社員になるほど、対策に参加せず解決への課題が放置されがちです。



ストレス対策と健康増進は
セットで対策が必要です。

企業に多く見られる悪循環
負のスパイラル

生活習慣を整えることで
好循環となる

「ストレスチェックや
健康診断を行なっている」
だけでは、解決しません。
生活習慣そのものを健康に導く
必要があります。



可視化されるデータ
続けやすい独自コーチングメソッド

メディテスプログラム参加者の約8割
プログラムを最後まで継続。

かつ約80%が快活な
体調変化を実感しています。

point1

病院が採用

病院でのメタボリックシンドロームや糖尿病など生活習慣病治療目的で、治療を行う医師のニーズにより開発された独自のプログラムです。院外での指導ツールとして、生活習慣を変える(行動変容・行動認知治療)指導目的で、すでに様々な病院への採用が進んでいます。



監修医師紹介

青木 晃 (ララクリニック総院長 / (株)メディロム 専門役員)
防衛医大、東大医学部付属病院などで、内分泌・代謝内科、腫瘍内科の臨床研究に従事。多くの生活習慣病患者、 がん患者の診察を通し、従来の日本の保険医療の限界を痛感。日本の生活習慣病、がん患者の減少のための診察を実施。まだまだ研究が続く健康増進分野で、実際にご自身が実践・臨床にて活用されて効果的だった生活習慣改善メソッドをメディテスに活用。




研究発表

本プログラムによる治療は医師や大学との研究も続く。医学会での研究発表も行われ、研究結果を活かして随時進化している。

point2

防水&電池式で3ヶ月つけっぱなしOK

メディテスでは2種類のウエアラブル活動量計を採用。
misfit®は防水&電池式でプログラム参加期間中に充電が不要です。生活改善のハードルとなるウエアラブルの管理を極力排除することができ、 簡単に毎日記録(睡眠の質&活動量)が把握できます。
対してfitibit®は充電式のため、常時心拍計測が可能で、夜勤などの睡眠時間の不規則な方にオススメの計測精度を持っています。業務シーンに合わせた端末をお選び頂けます。
ただし、ライフログを活動量計で可視化するだけでは、生活改善や行動変容はしきれません。
メディテスには活動量計で得られた数字を元に「私は何をすれば、より良くなるの?」という、その答えを個別にコーチングする具体的なメソッドがあります。

point3

誰でも簡単&自発的に取り組めるメソッド

健康に必要とわかっていても、自分の生活習慣や嗜好を変えるのは難しいもの。 毎日忙しく働いていても改善できるメソッドは多数あります。そんな誰もがすぐに実行できる健康ノウハウをチャットで1つ1つ個人に合わせて最適にコーチング。毎日の積み上げで生活習慣が変わってきます。プログラムが終わる頃、約80%以上の方が変化を実感しています。

point4

満足度100%誰もが共感するヘルスケアセミナー

悲しいことに"生活習慣"が"病"と名付けられる現代。「私はこういうタイプ」という思い込みが 確実に生活習慣病を促進しています。 改善をするためには、根本原因に気づくことが非常に大事。 生活概念が変わるメソッドやセミナーをエレベーターでもデスクでもできるストレッチセミナーなど、 社内環境に合わせたセミナーを実施しています。

point5

労務対策にも安心レポートで社員の健康把握

参加者の活動量や睡眠状況を匿名の月次レポートとしてご報告いたします。例えば部署単位で深い睡眠時間、活動量の変化など、 社内アンケートだけでは把握しきれない。実際のライフログを平均値レポートしています。 健康状態をしっかり見守っていただけます。
(労務管理などの目的に応じ、レポート形式のアレンジもお受けしております。)

利用社員の声

男性 32歳

女性 24歳

女性 31歳

男性 31歳

ご案内サービス一覧



当社の様々な健康増進(健康経営支援)から、貴社のご要望に合わせたサービスのご提案が可能です。
新しい社員向けプログラムをご検討の際には、是非ご相談ください。

メディテスの基礎パッケージ

生活習慣病セミナー

生活習慣がなぜ"病"になるのか、現代生活と身体メカニズムのギャップを学び、実践に繋げる意識改革

アプリによる実践期間

3ヶ月のヘルスケアコーチングを通し、個々のライフスタイルにあった生活改善を実施。生活習慣を変える

継続支援

一人では続けられない方、もっと改善を続けたい方からのご要望で、継続支援プランがお客様の声により誕生



選べる健康促進サービス

各種セミナー

・女性向けセミナー
・睡眠セミナー
・マインドフルネス
・療法士による指導

ストレスチェック

・ストレスチェックシステム提供
・チェック実施後の対策プログラム

社内健康イベント

・歩数競争
・健康イベント企画
・ストレッチ講座実施

労務管理支援

セルフ管理ツールとしてアプリを配布、睡眠や歩数の管理や産業医などの社内ご担当者様にご活用いただけます。



メディテス人気パッケージ


・セミナー60分 2回
・90日間の生活指導(セミナー内)

お一人当たり研修参加費用:
21,300円〜/月


人気のパッケージは座学と体験型の2回のセミナーとアプリでのコーチングセットです。
セミナー1回目で誤解が多い健康改善にむけ、本当に続けられる簡単なヘルスケアメソッドを学び、アプリでの管理をスタート。
中間に開催するセミナー2回目で、ストレッチでの身体変化を体感し生活改善が非常に苦手なタイプの方でも90日間のプログラム終了時には生活習慣が「より快適」なものへと変わっている人気のパッケージです。
座学と体験型の「2回のセミナー」+「アプリでのコーチング」がセットになっています。
セミナー1回目では一生続けられる簡単な健康改善メソッドを学び、アプリでのコーチングをスタートします。
中間に開催する2回目のセミナーでは「ストレッチ体験」と「活動の振り返り」を行います。
実際に体を動かすことで、運動が嫌いなタイプの方にも体の変化を楽しく感じて頂き、成果を納得していただきながら行動変容へと導いていきます。

※ウェアラブル端末費用は別途必要です。

無料の健康増進セミナー開催中

企業内での「健康増進」が注目される時代。しかし、社員が自ら健康意識をもち、生活習慣を改善する事が、なかなか難しいのは何故か...。どうすれば変わっていくのでしょうか。 メディテスは医療現場でも生活習慣病 治療に活用され、医師と医学研究も進めてきました。独自のメソッドで健康意識を変えていくポイントをご案内する、企業の健康管理ご担当者様向けの無料セミナーを開催しています。

サービス内容については下記よりお気軽にお問い合わせください。
メディテスサービスについて問い合わせる

ニュース・メディア情報

  • 2017-11-11
    第8回JAAS(日本アンチエイジング外科学会)ライブフォーラムにmeditesをブース出展しました
    第8回JAAS(日本アンチエイジング外科学会)ライブフォーラムにmeditesをブース出展しました。体の内側からアプローチする新しい美容痩身医療として開発者の青木晃医師より紹介しました。
  • 2017-10-15
    第39回日本臨床栄養学会総会にmeditesブースを出展しました。
    第39回日本臨床栄養学会総会にmeditesブースを出展しました。食事記録を毎日確認できる、生活習慣改善の指導プログラムとして紹介しました。
  • 2017-10-21
    第3回日本統合医療学会愛知県支部例会にブース出展しました
    第3回日本統合医療学会 愛知県支部例会に、meditesがブース出展しました。生活習慣が起因する様々な疾患の予防プログラムとして紹介されました。
  • 2017-06-02
    第17回抗加齢医学会ランチョンセミナーでmeditesが紹介されました
    日本で最大の抗加齢(アンチエイジング)医学を科学的に実証する学術団体【日本抗加齢医学会 第17回総会】のランチョンセミナーにて、medites開発者の青木晃医師によるランチョンセミナーが行われました。「スマートフォンとウェアラブル端末による実践型アンチエイジング医療」という演題でmeditesが紹介され、会場には450名を超える医師をはじめとした医療従事者が集まりました。
  • 2017-08-01
    【自費研Plus】にmeditesが掲載されました
    自由診療で経営を強くする【自費研Plus(第14号)】にmeditesが掲載されました。「厳選!これが最先端医療システム特集」の中でITを使った新しい体質改善プログラムとして紹介されています。